お知らせ

ご冥福と一日も早い復興を祈念します。
2018-07-10
死者不明者200人以上の犠牲者を出してしまった西日本豪雨。水は引き出したものの、日を追うごとに悲惨な惨状が伝わり、心が痛みます。もう少し何とかならなかったものかと。
ご冥福と一日も早い復興を祈念しています。そして、不明者が一人でも多く生存しておりますことを願ってやみません。
天国から地獄  夢を見たなぁー
2018-07-05
♪祭りの 後の さびしさーーは♪
吉田拓郎の昔の歌の一説です。
ようやく日本中が落ち着きを取り戻した感があります。
 
ベスト8を賭けてのベルギー戦
後半開始早々、期待していた柴崎選手から原口選手にキラーパス。先取点が決まった時には、驚きと喜びが半々。乾選手の豪快な2点目が入ったときには、勝利を確信しました。後半、あと40分ではいかにベルギーでも無理だろうと思ったからです。前半0-0だったし。
 
ところが、ところが、あっという間に同点、そして終了間際に逆転。悪夢を見ました。
 
感嘆! 感激! 喝采!! 極楽の夢!! 夢の確信。・・・・疑問? 不安 危惧 恐れ 悪い予感 的中 悪夢、、、、、
そして感謝。
 
まさに後半戦の小生の心のあり方でした。
 
日本チーム W杯ごお疲れ様。すばらしい戦いでした。
長谷部選手も本田選手も長いことお疲れ様でした。
 
また、4年後に向けての戦いが始まりました。
大いに期待しております。
他力本願   これもありか???
2018-06-29
W杯決勝T、とりあえずホッとしました。
しかし しかし
敗戦を覚悟して、コロンビアの勝利に己の未来を賭けて戦う選手たちの心はいかに?
ひとつの答えは次の試合結果が出すでしょう。
頑張れ  JAPAN
そのボールはどこから来たか?
2018-06-27
さぁーーいよいよW杯決勝T進出を賭けて、ポーランドとの戦いに臨むJAPANチーム。応援しま~す!!!
さて、戦前の敗戦ムード予想を覆しての強いJAPANチームに、「手のひら返し」の賞賛の嵐になっています。かくゆう小生も俄かサッカーファンですからとやかく言うのも何なんですが・・・・
 
第二戦のセネガル戦を見て、ある一人の選手を「凄いなぁー」「いい動きだなぁー」と思って見ていました。二度の同点弾のパスの基点になった『柴崎 岳』選手です。
日本の№7といえば、「キラーパス」の生みの親『中田英寿』選手ですが、セネガル戦のあの縦パス一本は、まさにキラーパス。ドンピシャで長友に、乾の同点弾に結びついたわけです。今まで目立たなかったのが不思議なくらいです。もっともっと高い評価を得ても良い選手と思いました。ら、今、世界が注目しているそうです。
納得  納得。
 
第三戦のポーランド戦も、JAPAN№7のキラーパスを楽しみに観戦したいと思います。そして歓喜の雄たけびをあげます。何度も  何度も。
 
 
サッカーW杯 コロンビア撃破 日本チームに喝采!!!!
2018-06-20
神風が吹いた!!!
奇跡がおきた!!!
 
いやいや 日本が強かったのです。
ベテランの香川も本田もすごかった。
 
頑張れ JAPAN!!!
大地震に見舞われた大阪の人々にお見舞い申し上げます。
2018-06-19
昨日の朝、大阪市や高槻市を中心にM6.1の地震がありました。
四人の方が亡くなりました。お一人は小学四年生でした。三名は高齢者の方です。何時もの事ですが、災害の被害になるのは、高齢者と子供です。悲報に心が痛みます。
心からお悔やみ申し上げ、ご冥福をお祈りいたします。
災害にあわれた沢山の人々にもお見舞い申し上げ、一日も早い復興を祈念いたしております。
 
建長寺僧堂遠鉢 無事に終了しました。
2018-04-01
3月26日(月)から31(土)までの一週間、足利地区・佐野地区・葛生地区を中心に、建長寺僧堂の雲水さん8名が托鉢修行に来ていました。壽徳寺の久野地区には27日(火)に托鉢されました。
加子地区では崇聖寺本堂前にて崇聖寺檀信徒先祖供養を務めてもらいました。
茂木地区では壽徳寺分院にて茂木墓地檀信徒先祖供養を務めてもらいました。
野田地区では壽徳寺檀信徒先祖供養を務めてもらいました。檀信徒の皆様にも集まってもらい、焼香していただきました。
 
久しぶりに雲水さんたちの大きな声で読むお経を聞いて、身が引き締まる思いでした。さすがに修行中です。
 
また、たくさんの檀家さんから托鉢に喜捨いただきました。ありがとうございました。
 
”写真館に”写真を載せました。見てみてください。
ホームページをリニューアルいたしました。
2018-04-01
重要
鎌倉 建長寺僧堂の雲水さんが托鉢にきます。3/26.27.28
2018-03-02
鎌倉の建長寺僧堂で修行している雲水さんが、総勢8名足利地区に托鉢にきます。これを「遠鉢えんぱつ」といいます。
壽徳寺の野田地区には3月27日の午後です。午前中は久保田地区を托鉢します。道々であったら喜捨(お金をさしあげること)してください。
田中正造春彼岸供養日程
2018-02-02
3月4日(日)午後1時30分開始です。(予定)
晴天の時には、田中正造翁顕徳碑の前で法要を行います。

『和尚のつぶやき』 更新情報

安堵そして感謝。これぞ仏の加護。
2018-07-11
タイ北部の洞窟に閉じ込められた地元のサッカークラブの少年たち13人の救出が無事に終了したとのニュースが流れました。閉じ込められてから三週間(18日)になります。雨季の大雨で洞窟に浸水した水が救出を困難なものにしていることは連日の報道で周知のことです。
世界中の洞窟専門のダイバーたちや地質学等の専門家、排水等に関わる土木関係の専門家等が英知を結集しての救出劇です。
世界中が固唾を呑んで見守っていたと思います。
 
全員無事に救出。  安堵。感謝。喝采。
 
子供たちの生命力に感嘆し、ダイバーたちの勇気と知力に感謝し、関係者の尽力に喝采を送ります。
 
子供たちと一緒に閉じ込められたコーチは、お坊さんだそうです。『瞑想』を修行していたとか。その力が、三週間ものあいだ子供たちの心を安心させ、落ち着かせ、勇気を失わせなかった方便だったとしたら、改めて世界は仏教に注目することでしょう。
 
 
 
ブロック塀が凶器になってしまうとは・・・。
2018-06-19
昨日の大阪の地震で、二人の命を奪ったのがブロック塀でした。特に小学四年生の児童は、自分の学校のプールのブロック塀が倒壊し、その下敷きになってしまっています。ましてこの弊は違法建築物で、外からの視線を遮蔽するために増築したものです。これは一種の人災ですね。
もう一人の方もブロック塀の倒壊で亡くなっています。
心からお悔やみ申し上げます。
 
さて、今朝の新聞やニュース等の報道では、改めてブロック塀の安全性が問題視されています。いまや日本列島すべてにおいて地震活動が活発化しており、日曜日(17日)には隣県の群馬県で大きな地震があったばかりです。
自坊の土地の境界もブロック塀になっています。改めて目視点検だけでもしておかねば、と思っていますが、回りを見渡せばいたるところブロック塀ですから、社会問題かもしれませんね。
今日は朝から涙してしまいました。
2018-04-25
元広島東洋カープの鉄人 衣笠祥雄氏のご逝去されました。心からお悔やみ申し上げます。朝のテレビも新聞も大きく取り上げていました。野球のことには門外漢ですが、とてもすごい選手だったことが偲ばれます。そして、多くの野球ファンに愛されていた選手であることもわかりました。
涙したエピソードは、元巨人投手の西本聖投手から受けたデットボールの件についてのコメントでした。一流選手というか一流の人間が持っている心の温かさに触れたからです。
この続きは”つぶやき”で。
お中日は最悪の天気。こちらは雪でした。
2018-03-22
昨日は張る彼岸のお中日でした。お墓参りの予定を立てていた方が多かったと思います。しかししかしです。
まさかの大荒れの天気で、南関東は雪になってしまいました。ここ足利でも午後には庭や芝生が真っ白になりました。
それでも霙交じりの中、たくさんの方がお墓参りにおいでになりました。ありがたいことです。
ご先祖様への感謝の気持ち、間違いなく届きました。
 
24日の土曜日が彼岸の走り口になります。お墓参りがまだの方は忘れずに。!!
3.11 亡くなられた多くの御霊に合掌。
2018-03-12
あっという間に東日本大震災から7年が経過し、改めて、犠牲になられた方々に謹んで哀悼の意を表し鎮魂の祈りをささげるとともに、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。未だ復興の道は半ば、いつまでたっても心は落ち着かないことと思います。さらに、阪神淡路大震災においても、広島の大洪水の震災も、熊本の大地震による震災も、その他たくさんの災害や事故によって、多くの御霊が非業の死を遂げてしまいました。東北だけでなく、日本中の御霊に合掌します。
 
『彼岸にはおまいりに行きます』。
平常心  そだね~!!
2018-02-27
たくさんの感動と興奮をいただいた平昌オリンピックが、無事に閉幕しました。日本選手団の皆様、お疲れ様でした。引き続きパラリンピックにも大いに期待します。
冬季五輪最高のメダル数獲得に沸いた平昌オリンピックでした。期待以上の結果を出した選手、、期待どうりの結果を出した選手、、そして持っている力のすべてを出し切った人も出し切れなかった方も、関係者すべての方々にお礼申し上げます。
本当にお疲れ様でした。
羽生結弦選手 金メダル おめでとう
2018-02-17
平昌冬季オリンピック  金メダル第一号は、多くの期待どうり? それとも やっぱり どちらの気分ですか?
羽生結弦選手でした。おめでとうございます。TV観戦していましたが、ほぼ完璧な美しい演技でした。
銀メダルの宇野先週も、Good Jyob でした。おめでとうございます。
松岡修造インタヴュアーの話しの中で、羽生結弦選手はこう答えていました。
『得たいがために、多くのものを捨てました』と。この境地に感動しました。
『捨てる』ことができたら最高です。なかなか捨てられないのが本音です。羽生結弦選手はいったい何を捨てたのでしょうか?
あなたなら、何を捨て去りますか。己の安心のために。
久しぶりの大雪にてんてこ舞い。
2018-01-23
足利では、昨日の午後あたりからチラホラと雪が舞い始め、「天気予報どうりだな」って思いました。
珍しくサラサラの雪で、気持ちの良い感じの雪でした。「これなら明日の雪かきは楽だな」と思って寝ました。
朝起きてビックリ。予想をはるかに超えた積雪に思わず見とれてしまいました。境内の風情は誠にすがすがしく美しいものです。広い境内の通路を確保するくらいの雪かきでしたが、サラサラ雪なので雪かきも楽でした。
お仕事の方々は大変でしょうね。とても雪の風情を楽しむゆとりはなさそうですね。気をつけてくださいませ。
燃える男・闘将 星野仙一さん逝く。
2018-01-07
チェック
心からご冥福をお祈りします。
 
選手時代は「打倒巨人」の下、獅子奮迅の活躍で長嶋や王の前に立ちはだかった熱闘の投手でした。監督としては、中日・阪神・楽天で闘将ぶりを発揮し、2113年、宿敵巨人を倒し楽天を日本一に導きました。
 
打倒巨人の旗頭でありながら、最も巨人を認め、愛した選手かもしれません。そして、巨人ファンから、最も愛されていた選手かもしれません。
もうお仕事始めでしょう。気を引き締めてご精進ください。
2018-01-05
正月三が日も終わり、4日は年始でした。年始が終われば一年のスタートです。改めて今年もよろしくお願いします。
皆様におかれては、それぞれに一年のスタートを切られたことと思います。
年末年始も休みなく働きづめだった方、お疲れ様です。ゆっくり休みを取ってください。
昨日(4日)から仕事スタート、今日から仕事スタートの方がほとんどでしょうか。中には三連休明けの9日スタートの恵まれた方も。
須らくスタートは大切です。気を引き締めてスタートしてください。
気を入れすぎて転ばぬように、リズムが整うまではゆっくりですよ。しかし遅れぬように。これがなかなか難しい。
ご精進くださいませ。
 
壽徳寺は、山号を福田山(ふくでんさん)と称し、鎌倉時代の嘉元元年(一三〇三年)に創建されました。足利の豊かな自然の中にあり、渡良瀬の清流の音が聞こえる心安らぐ場所でございます。壽徳寺では、一般墓地の永代使用など受け付けるとともに、家族のみならず、犬・猫などペットの供養・埋葬も行わせていただいております。上記内容についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。
壽徳寺の歴史についてご紹介いたします
壽徳寺では永代墓地の使用者を受け付けております

福田山 壽徳寺
〒326-0322
栃木県足利市野田町1463
TEL.0284-71-9130
FAX.0284-71-6183